BLOG マイロプスブログ

access_time2019.10.28

ブログ

【MT】管理画面の入力フィールドを経由しない
FTPソフト経由でのCMS構築について

管理画面の入力フィールドで編集したくない

アシスタントエンジニアのTakayamaです。
マイロプスではMovable Typeを用いたサイト構築も多数行なっていますが、構築が進み、細かな修正が複数しかも五月雨式に発生した際、管理画面の入力フィールドからの編集が負担になる事があります。

主な問題点は以下の2点でしょうか。

①「複数人が同じ画面を開きっぱなしで作業→別な作業者の修正を反映させずに上書き」
というミスの発生リスクがある。

②編集の際、管理画面上よりはAtomなどのエディターのほうが作業しやすいので、エディターで編集したものを管理画面へコピペするという作業が発生するが、その工程が面倒。
複数ページに同じ修正を加える時などは特に面倒。

このままでもなんとかなるのですが、あまり望ましい状態ではありません。

簡略化しよう!

こうしたストレスを感じていたこともあり、

・管理画面の入力フィールドは基本的に触らず

・FTPソフト経由でファイルをアップし

・CMS上では再構築ボタンを押すだけ

という環境を整えました。

参考:「テンプレートを外部ファイルとリンクする」
https://www.movabletype.jp/documentation/mt7/designers-guide/manage-templates/file-link/

知っている人にとってはごく当たり前の機能なのでしょうが、ずっとスルーしてしまっていました...。

新規テンプレート作成の場合

例えばテンプレートの新規作成の場合で説明します。

①テンプレートの管理画面から、新規でテンプレートを作成します。

②「ファイルへのリンク」の入力欄に、リンクするファイルへのサーバ上のパスを入力します。

この際、まだ存在しない場所を指定すると
「オブジェクトを保存できませんでした: リンクファイル'(ファイルへのリンク)'を開けませんでした: No such file or directory」
とエラーメッセージが表示されます。

なので先に、FTP経由でアクセスしてディレクトリを作っておきます。

③「保存」ボタンを押すと、指定した名前でテンプレートのファイルが作成されます。

このように管理画面で指定すると...。

作成されました!ちなみにこれはFTPソフトのTransmitで見た画面です。

④作成されたこのファイルをFTP経由で落としてきます。

エディターで開いてみても、もちろん何も書かれていないです。

⑤このファイルの内容がそのまま反映されるので、普段管理画面経由で見ているコードと全く同じように記述します。

といいつつ、とりあえずtestとだけ書いてみます。

⑥保存して、FTP経由でアップします。

⑦管理画面に戻って、再構築ボタンを押します

⑧反映されます。

ちなみに管理画面を再読み込みすると...、先ほど入力した内容(test)がそのまま反映されています。

既存のテンプレートについても流れはほぼ同様です。
「ファイルへのリンク」を新たに設定すれば、設定したディレクトリに、管理画面に表示されていたコードを反映したファイルが生成されます。

この方法を取っても1ページだけの修正では大した変化は感じられませんが、
「FTPソフトで複数ファイル選択→ドラッグ&ドロップ→CMS管理画面でまとめて再構築」
ということが可能になるので、複数ページに修正がある時などはメリットが大きいです。

テンプレート編集画面、リンクをクリックしてから表示されるまで結構時間がかかるので、編集するテンプレートの数が多くなると画面切り替えの待ちだけでも結構馬鹿にならないタイムロスになるのですよね...。

以上、MT小ネタでした!

Takayama

舞台演出家/アシスタントエンジニア
Takayama
エンジニアリング未経験からマイロプス入社。
市松という芸名でダンスと演劇を横断した舞台活動も行なっている。
舞台芸術カンパニー「砂と水玉」主宰。

関連記事

  • access_time2018.12.19

    ブログ

    Movable Typeの書き出しパスに関するTips

  • access_time2018.11.05

    ブログ

    PowerCMS でダイナミック検索(AltSearchプラグイン)を使用した時に悩んだポイント